お出かけスポット国内

【子連れで行く】日本のマチュピチュ「竹田城(兵庫県)」!まさにリアル天空の城!

スポンサーリンク

唯一学生の頃行っておけばよかったと後悔していた、南米ボリビアのマチュピチュ。
ジブリ映画『天空の城ラピュタ』のモデルになったと噂される空中都市遺跡です。

LISA
LISA

南米はフライト時間も長いし、子連れで行くハードルめっちゃ高いわ・・・でも行きたい・・・

 あるとき、某CMで日本にもマチュピチュと見違えるほどのスポットがあることが判明。
これは行くしかない!と1歳児を連れて行くことにしました。

English outline below! ←click to jump!

スポンサーリンク

旅行日程

1日目多々良木フォレストリゾートCoCoDeに15時チェックイン。
    宿で遊ぶ⇒外で夕飯⇒19:30頃就寝。
2日目:朝4:00起床⇒4:30朝食⇒5:00出発
    5:30登頂開始⇒6:15登頂⇒6:30日の出

【雲海ベストシーズン】
10月&11月。特に前日の夜に冷え込み、翌日との寒暖の差が10℃以上ある風の少ない日が最も綺麗に見えるとのこと。我が家は11月末に行きました。

スポンサーリンク

宿泊先

多々良木フォレストリゾートCoCoDe

【住所】
〒679-3423 兵庫県朝来市多々良木727-2

【宿泊先感想】
ピングーハウスを彷彿とさせるかわいいドーム型コテージ。トイレ・お風呂も中に完備されているので子連れも安心です。

多々良木フォレストリゾートCoCoDe_ドーム
ピングーハウスそのもの!!見た目がかわいい^^

また、リゾート内には広大な芝生があり、バドミントンやボール等の貸し出しもあるので、着いてからもたっぷり遊べます。我が家は走り回ったり、ボールで遊んだり、大人は登れる木にテンションが上がり木登りなんかをして笑、ドーナツをほうばりました。大自然の中で童心に帰れる場所!



夕飯は近くの焼肉やさんへ行き(徒歩圏内にローソンもあります)、2日目の朝食は食堂でサンドイッチやパン等を頂けます。ここから立雲峡までは車で大体20分くらい!

では、竹田城へ向かいましょう!!

スポンサーリンク

場所

竹田城(兵庫県)
※竹田城は中から見るか(竹田城跡に登る)、外から見るか(立雲峡に登る)の2つの見方があります。個人的におススメするのは「外から(立雲峡に登る)」の見方。まさに雲海に浮かぶマチュピチュ(天空の城)を臨むことができます

【立雲峡住所】
〒669-5252 兵庫県朝来市和田山町竹田

立雲峡登頂までの道のり

頂上までは立雲峡駐車場から約45分。思ったより長くて険しかった印象があります笑。(日の出までに登らなくてはと必死だったため、登山中の写真が皆無です、すみません・・) 
道は階段など整備されていますが、比較的急な場所もあり、夫と途中交代で子供を抱っこしながら登頂しました。ただ、登山中の方とは声を掛け合ったりと温かい雰囲気で登ることができました!

いよいよ頂上・・・

最後の階段を上ると、そこは一面雲海・・!丁度日が昇るころ、霧が晴れて雲海の中に天空の城が見えてきました。なんとも幻想的。

携帯動画が荒すぎて感動を全てお届けできないのが悔しいです・・・

これこれ!!!私が見たかった景色!!!!!

登頂の大変さが一気に吹っ飛ぶ景色。この日は前日との寒暖差が10℃以上あり、奇跡的に非常に綺麗な雲海が見えたとのこと(;;)感動の余韻で、日が昇ってもしばらくここで美味しい空気を吸い、ゆっくりと下山しました。

2022年5月、立雲峡の頂上に「光の道展望所」が誕生!
カメラスタンドもあり、みんなで写真撮影ができるそうです。私たちが行った時はインカメラで家族写真撮るのが大変だったので、これは嬉しい!!頂上での思い出写真は良い構図で撮りたいですよね。

立雲峡頂上_集合写真
日が昇ると一気に雲が消えるので、雲海が見えるのは本当に数分・・!

おすすめの服装&持ち物

11月末の山はかなり寒いので、子供は「シャツ、トレーナー、10分丈ズボン、ジャンプスーツ」。
大人は「Tシャツ、トレーナー、ジーパン、ウインドブレーカー」。

登っている最中は暑いほど体がポカポカになりますが、登り切ったあと日の出を待つ時間に汗で冷える可能性があるので、全員替えのTシャツ&タオルがあると安心。
また暗いうちから登るので、懐中電灯があると便利です!(我が家は懐中電灯を持って行かなかったので、暗いところは他の登山者の方に照らしていただきました)

岩に手を掛けて登ると楽な場面もあるので「軍手」もあるといいかも!

まとめ

頑張って登る価値、あります!孫悟空の世界に来たかのような幻想的な景色が圧巻。とにかく生で見てほしい。小学生高学年くらいであれば自分で登れるくらいのレベルと思います。きっと思い出に残るはず。
私も子供がもう少し大きくなったらまた見せてあげたいなと思います。

立雲峡頂上_日の出後
また4時起きで登るぞー!!

♦ブログ内の国内の宿・お出かけスポットを都道府県別に探すことができます!♦

English outline

The sea of clouds that can be seen from the Takeda Castle is called “Machu Picchu in Japan”.
Climbing the hill with baby was much tougher than I had expected and there were certain natural conditions that have to be met to see this, but we made it! The scene was super mystical and stunning.
If you want to know more about the spot, feel free to ask me!

takeda castle

 家族・子連れ旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ にほんブログ村
↑↑↑ブログ良かったよ!という方は、上記ボタンをクリック頂けますと励みになります☺↑↑↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました