海外

【アユタヤ子連れ旅行記】タイ・バンコクからの行き方もご紹介!

eyecatch_Ayutthaya

世界史の資料集のイメージが強い、都市アユタヤ。バンコクから電車でサクッと行けそう!ということで、バンコク滞在中に訪問しました。

LISA
LISA
1350年に建都されてから、1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまでの417年間、アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市。1991年にユネスコ世界遺産にも登録されましたよ!

教科書で見ていた景色が本当にそのまま存在していて、歴史に足を踏み入れたかのような不思議な感覚になりました。1歳の子連れで行った感想をレポします!

English outline below! ←click to jump!

滞在国情報

タイ(時差:2時間)

フライト時間
行き:約6.5時間 
帰り:約5.5時間 

thai

タイ・バンコクのおススメスポットは別記事でまとめていますので是非ご一読ください!

 

バンコク市内からアユタヤへの行き方

バンコクからアユタヤへの行き方は主に下記3種類!
①鉄道
②タクシー
③ロットゥー(乗合バス)


一つずつ見ていきましょう!!

①鉄道

私たちは往復「①鉄道」を利用しましたので、詳しくご紹介しますね。
まずは鉄道の出発駅「国鉄フアランポーン駅」に向かいます。国鉄フアランポーン駅は、MRTフアランポーン駅に直結しているのでかなり行きやすいです。夜はこんなに綺麗なんですね!

所要時間は1時間30〜2時間程度で、料金は約45〜2700円と開きがあり、列車の種類・座席の等級によって異なります。下記「列車の種類」と「座席の等級」の組み合わせで値段が決まっているというわけです。

列車の種類(3種類)
・Ordinary[普通]
・Rapid[快速]
・Special express[特急]

座席の等級(3種類)
・1等席[寝台付個室]
・2等席[エアコンあり指定席]
・3等席[エアコン無し自由席]

チケットは国鉄フアランポーン駅のカウンターで購入しました。アユタヤに一番早く着く電車を聞くと、この時は快速が一番早く着くだろうとのことで、我が家は「快速エアコン無し自由席」(なんと片道わずか40バーツ/140円!!!)を選びました。

今考えると1歳児いてエアコン無しで行ったっけ・・?と自分たちを疑いましたが苦笑、基本電車は換気されており、このときは比較的涼しかったと記憶しています。暑い場合はエアコンありにしましょう。

お菓子を食べたり
昼寝したり

ただし、国鉄でも到着時間は予定時刻の25分遅れ+停車駅のコールが小声のタイ語で全然分からず、他のバックパッカーと「ここだよね…?」って感じで降りました笑。旅の醍醐味満載で最高でした笑。
(そんなのいやだ!という方は②③を推奨。笑)

②タクシー

流しのタクシーに乗るか、ホテルでチャーターしてもらうかにもよりますが、大体所要時間は1.5時間で5,000-10,000円が相場のようです。タイのタクシー運転手の方は、ほぼ英語が通じない印象を受けたので、タイ語ができずタクシーに乗る場合は、ホテルで呼ぶ&スタッフの方にタイ語で行き先や料金など通訳してもらったほうが安心と思います。

③ロットゥー

ロットゥーはハイエースやキャラバンのような型をした乗合バスとのこと。安くて速いとのことで、現地の人はもちろん観光客にも多く利用されている交通手段です。ただし子連れとなると、乗合で途中ぐずった場合に親が精神的に辛いと思うのでオススメはしないかな・・!
所要時間は1.5時間、金額は200円程度とのこと。

心配な方は・・・

上記3オプション共に不安を感じる方は、アユタヤツアーも多く組まれているのでツアー参加にしても良いかもしれません。

アユタヤ到着後の移動手段

基本はトゥクトゥクになるのかな、と思います。
アユタヤ駅におりると、たくさんのトゥクトゥクが客引きをしています。行き先毎に値段交渉するのは骨が折れるので、我が家は行きたいスポットを提示して、「ここに全て行く&4時間くらい欲しい」として値段交渉しました。またお金は、「後払いでOK」のところが良いと思います。過去に一度、違う場所で「先払い」したところ、そのスポットでしばらく待っていてもらうはずが帰られていたので・・・苦笑。

トゥクトゥク

アユタヤの雰囲気

駅から少しトゥクトゥクで移動するだけで、まさに世界史の資料集で見たような景色が広がります。
観光客向けの象さんもあちらこちらで見かけるので、子供も楽しそうでしたよ!

Ayutthaya1


遺跡って見れば見るほど造りが繊細で驚かされます・・!アユタヤは広いので混んでいる感は無く、ゆったりと見学できました。


日本には絶対にない雰囲気が漂っており、タイムスリップしたような不思議な感覚に。タイバンコクから更に旅行来た感を感じられるはず!

アユタヤおすすめスポット

アユタヤの中でも有名な2スポットをご紹介。見た瞬間、「学生の時に教科書で見てたアレだ!!!!」とテンション上がりました笑。

❶ワットマハータート(watmahathat)

アユタヤのたくさんの遺跡の中でも、この菩提樹の根に包まれた仏頭は、世界史の資料集を思い出しました!写真を撮る時には、仏頭よりも頭を低い位置で撮らないといけないとのこと。予想以上に低いのでみんな座って撮ります。

watmahathat

➋ワット・ロカヤ・スターラーム(watphraram)

笑みを浮かべているこの寝大仏。長さは約28mも!

watphraram
長すぎて写真に全貌映らずww

まとめ

一度は行って見たかった都市アユタヤ。行く価値かなりありました。バンコク市内から国鉄1本で行けるので、子連れでも比較的行きやすい場所と思います。バックパッカーや旅行者が多い場所なので、みんなで写真を撮り合ったり、「わー凄いね!」と感動も共有できたりと楽しかったです(^^)

まとめ

English outline

When we visited Bangkok, Thailand, also headed to Ayutthaya for 1 day trip.
As the former capital of the Thai Kingdom, Ayutthaya was having three palaces and more than 400 temples. But in 18th century, the Burmese attacked and conquered Ayutthaya. The majority of the buildings were destroyed during this invasion. However, several structures have been restored and tourists can visit these wonderful Ayutthaya attractions.
“Wat Maha That” is one of the most popular attractions in Ayutthaya due to the famous tree that has grown around a Buddha head.We have to head down below the Buddha head! (Thats why we sat when taking a pic)
If you want to know more about the spot, feel free to ask me!

Wat Maha That

 家族・子連れ旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ にほんブログ村
↑↑↑ブログ良かったよ!という方は、上記ボタンをクリック頂けますと励みになります☺↑↑↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました